スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆「3倍速レッスン⁉︎」のお勉強してきました。

「小さなできた」を応援する
川口市、蕨の
おざきピアノ教室です。


先日、ピアノ指導者向け講座「3倍速レッスン」に行ってきました。

普段、遊びも取り入れるのんびりレッスンの私にとって、
3倍速レッスンは、真逆。

でも、独りよがりの指導にならないよう、私と真逆のレッスンを展開されている先生のお考えやお話を聞いてみたくて、
受講しました。


行ってみてビックリ!


確かに矢継ぎ早にレッスンメニューをこなして行きます。


「あ〜、やっぱり私には向かないなぁ〜」
なんて思っていたら、


「やっていることは、毎回同じことです。」とおっしゃいます。


「しかも、曲の進みはゆっくりです。
でも、小学校高学年から伸びてきます。
コンクールでも、金賞ちゃんと取れるしっ!」


コンクールはさておき、


今回の先生に限らず、
バスティンの第一人者藤原先生も、
テクニック指導のスペシャリスト石嶺先生も、


他のどの先生も口を揃えておっしゃるのは、

「できても、しつこく何度もやる」

「10年後、弾ける子にするには、
最初の数年をしっかりやる。

目先の進度に囚われない。
保護者にも理解してもらう。」


やっぱりそうだよね。


「途中で挫折する生徒さんの原因は、
無理な進度にある」
と思っている私は納得です。


しかも今回の先生も、私と同じ
「ソルフェージュ重視」。


「よしっ!
サクサク教本を進めない私のやり方は、
大丈夫!」

という確信を改めて感じ、


お友達先生と情報交換したり、
励ましあい、

パワーアップした1日でした(*^^*)


おざきピアノ教室
080-3202-3899
ozakipiano88@gmail.com

スポンサーサイト

☆ 昔は、バイエルだったけど今は…

「小さなできた」を応援する川口市、蕨のおざきピアノ教室です。

今日は、横浜まで「教本セミナー」へ行ってきました。
(遠かった…^^;)

昔、ピアノの教本と言えば、
バイエルくらいだったのが、
今は、本当に本当にたくさんあります。

日本式、アメリカ式、ロシア、フランス…など

でも、カリキュラムは大きく分けて3つ。

階段型。
登山型。
螺旋型。

中でも螺旋型は、
ブルーナが提唱した教育方法です。
アメリカの教育は、
音楽に限らず全て螺旋型。

音楽に螺旋型を取り入れたのが、
「ペースメソッド」です。

とても良い教本なのですが、
商売っ気がないというか、
つまらない…

そこから生まれたのが

私が今メインで使っている
「Piano Adventure」。

一度習ったことが頻繁に、
しかもすこ〜しだけ発展させて出て来て、

無理なくレベルアップしていきます。

今回、普段使わない教本をいろいろ見比べて、どれも万能な物はないんです。

その生徒さんに合わせて変えて行くか、

私が今までやってきたように、

つまづきポイントの前に、
対策を講じておくか。

やっぱり、

「生徒さんを観察しつつ、
先生も工夫が不可欠なんだ。」

と再認識したセミナーでした。

★学びの2日でした

一昨日は、
「ピアノアドベンチャー」
という教本の、
情報交換会でした。

とはいえ、
私は2年前から
取り入れていますが、
他の先生方は最近知られたばかり。

それなのに、
多くの先生方が
お集まりいただき、

関東各地はもちろん、
福島や岐阜、大阪からも
お越し下さいました。

私も、
実際のレッスンを
デモストレーションさせていただき、

生徒さん役の先生方から、
多くの励ましをいただきました。


その次の日は、
イギリスで考案された、
ミュージックマインドゲーム講座へ

300種類以上あり、
まだまだ増加中とのこと。

リズム感、
譜読み、
テンポ感などなど、

ピアノを弾くための必要な要素を、
楽しく学べる
文字通りゲームです。

ゲーム自体は
予想以上の楽しさで、
細かいところに
いろんな配慮があります。

・片付けもゲーム

・他の人がゲームして
待機している時も、学べる

・積極性も身につく

・サイレントモードでは、
一言も喋らない中、
ジェスチャーを頼りに行動する。
すなわち、
コミュニケーション能力が
鍛えられます。

何よりも、
勉強を忘れて
かなり燃えます。

来年も行きたいな〜




セミナーに行って来ました。

昨日、バスティン(ピアノ教材)を研究していらっしゃる
藤原先生のセミナーに行って来ました。

以前にも、同じバスティンのセミナーにも、
行ったことがあるのですが、
今回は小さいお子さんレッスンという事で、
行ってみました。

楽器店の教室に、3歳半の男の子がいるので、
何か、アイディアをいただきに行きました。
実は、その男の子。
ちょうど一年前の2歳半から、通ってくれています。
男の子のお話は、またの機会に…

やはり、セミナーに行くと、
アイディアや、方法を知りに行くのは、
もちろんなのですが、
忘れていた事を思い出させてもらえたり、
何より、講師としての初心に戻れます。

もちろん、日々のレッスンも一生懸命行っていますが、
講師になりたての、あの新鮮な気持ち。
ついつい、目の前の事にとらわれがちなのを、
大きな気持ちでかまえられます。

あとは、頂いたアイディアを、
生徒さんに還元して、楽しんで欲しいです。

しかし、あんなたくさんのメニュー。
30分レッスンで、どうやってこなすんだろ…
レッスン
最新記事
リンク
当ピアノ教室のHP↓
おざきピアノ教室

クリックお願いします↓







育児(習い事) ブログランキングへ


音楽教室 ブログランキングへ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。