スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆生徒さんに、評価してもらう。

蕨市、川口市にある
「おざきピアノ教室」です。

私のレッスンでは、
ソルフェージュの宿題を
たくさん出す。

よくある「リズム打ち」や
「音名カード」もあるけど、
市販されてないオリジナルのものも、
たくさんある。

(なんかアイディアだけは、
ドンドン浮かぶんだよね…
作りきれないのが現状だけど…)

しかも、
ひとつのカードでも、
色んな使い方、
色んな感覚を同時に
使えるようにする。

「ピアノを弾く」って、
それら数種類のカードを
同時に行うこと。

どれかひとつ欠けても、
ピアノは、
スムーズに弾けない。

導入の生徒さんは、
ピアノの曲よりも、
圧倒的に
ソルフェージュの課題が多い。

しかも、
「ピアノの課題は、
たくさん練習するな
(量よりも質を重視)」と言ってある。

そして、本題のカード。

その課題の「出来栄え」を、
最近は生徒さん自身に
決めてもらっている。

特に、
他のお教室から
移られた生徒さんは、
少なからずピアノに対して
「劣等感」を持っている。

一回も間違えずできて、
いくら私が「できたね!」
と褒めても、
納得してないケースが多い。

百点を取ったのに…
先生に褒められたのに…

「できた!」と感じられないのは、
これから先の人生辛い…

決して良い意味の
「自分に厳しい」というわけではなく、

要は「自己肯定感」が低いのだ。

そんな生徒さんとは、

「先生は、すごくイイと思うけど、
○○ちゃんは、どう思う?」

「できてない…」

「どうして、そう思うの?」

「つまづきそうになる…」

「そっかあ…
先生は、
このカード卒業しても
イイと思うけど、どうする?
もう一回やってくる?」

という会話が行われる。

まず全員
「もう一回やってくる」
と答える。

もちろん、
一度合格しても
慣れるために練習することは
よい事だし、

同じ「できた!」でも、
その余裕度(?)は、

本当のところは、
正直、本人しかわからない。
(もちろん、私も予想はするけど…)

それに、
何よりも大事なのが、
生徒さん自身が
「できた!」と感じること。

この積み重ねで、
「自己肯定感」が高まり、
「やれば、できる」と感じる。

そして、
さらに上手になりたいと思い、
練習してくる。

昔の私だったら、
私の判断で、
「これができたら、はいっ次!」

なんてやってたけど、

今は、私が引っ張るよりも、

ある程度は生徒さんに任せて、
自分で感じ、
自分で考えてもらう方が

最初は、時間がかかるが、
必ず満足感が得られるので、
何かと上手く行く。

そうだよね…

別に
「○年生だから、
ここまで進まなきゃいけない」

って、ことはないんだし…

そして、
本人が本当に納得した時、
笑顔が見られ、

ソルフェージュの力が
さらに強化され、

ピアノの課題も、
少ない練習量で
楽にこなせ、

練習する日も増えてくる。






スポンサーサイト
レッスン
最新記事
リンク
当ピアノ教室のHP↓
おざきピアノ教室

クリックお願いします↓







育児(習い事) ブログランキングへ


音楽教室 ブログランキングへ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。