FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 指番号を守るのは、大事なんだけどな…

今日は、ピアノの先生を敵に回しそうだ

というのも、
最近、楽器店教室に、60代の女性が2人、
入会された。

その、お二人に繋がりはないが、
たまたまお二人共、
体験レッスン時には、
他の教室でピアノ習われていた。

お二人が、おっしゃるには、
ピアノが楽しくないし、
レッスンに行くのが苦痛とのこと。

少し弾いていただいたが、
正しい手のフォームなんて
知らないようだし、
指番号は、めちゃくちゃ…

なので、鍵盤を一生懸命探しながら
力を入れて弾いている。

頭の中は、大急ぎだから、
とても音楽を感じるどころではないし、
肩こりも酷くなりそうだ。

それで、何年も弾いて来たと言う。

実は、このケース初めてではない。
お子さんでも、たまにある。

子どもだから…
大人だから…

のある程度の区別は、私もあるし、
指導法もそれぞれで、
良いと思うけど、

やはり、基本は一緒。

「高齢だから、指使いはどうでもいい」
は、やめてほしいな…

今、80代でも、初めてピアノに触る方も、
珍しくない。
「60代からピアノを習い始めて、10年経つ」
という方もたくさんいる。

指番号を守るのは、
今流行りの「脳トレ」に、
ちょうど良いし、

フォームを綺麗にするのは、
肩こりにも良い。

大人の方は熱心だ。
つまらない練習でも、
その重要性をきちんと説明すれば、
皆さんやってくる。

それが、
「脳に良い」「健康に良い」
と聞けば、かなり熱心にやる。

その点は、子どもよりも、楽だ

ぜひ、先生方も長い目で
せっかく出会った生徒さんを
見守ってほしい…

という私も、「楽しくない」
なんて言われないように、
アイディアを考えないと

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レッスン
最新記事
リンク
当ピアノ教室のHP↓
おざきピアノ教室

クリックお願いします↓







育児(習い事) ブログランキングへ


音楽教室 ブログランキングへ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。